nanbu noen

brand

なんぶ農援は、「農家を応援する」という社是のもと、

新しい商品の開発や販売により県産野菜や果物の魅力を高めることを目指しています。

 

土産品の卸売りからスタートしたなんぶ農援。

「農産物をお土産にしたい」という農家の皆さんの想いを受けて、

産地直売を行うようになり、今では地域の農産物や特産品の加工から販売までを

担うようになりました。

 

果物本来の味を生かすために、添加物などは無使用、または、できる限り使用せず、 原料も安心安全なものにこだわっています。

 

豊かな自然と人間にの営みが共存する南部町で、

農家の方たちの想いと、その想いを受け取ってくださる消費者の皆さま、

その両方を大切にし、より良い商品の生産を日々模索・追求しています。

PRODUCTS

妙丹柿 干し柿

北限の渋柿、青森県南部町産の「妙丹柿」を使用した干し柿。

独自の渋抜きと乾燥技術で、これまでの干し柿のイメージを覆す特別な一品。

妙丹柿酢

着色料、保存料、化学調味料不使用。ポリフェノールを中心に抗酸化物質が豊富に含まれます。ヨーグルトやフルーツ、アイスクリームにかけて。水や牛乳、炭酸水で薄めてビネガードリンクとして。

南部の柿の物語

妙丹柿を渋抜きし、独自の低温乾燥でセミドライ加工。ドライフルーツにすることで、甘みと旨みが濃縮され、食物繊維が生柿の約6倍に。

feature

歴史ある妙丹柿

名産「妙丹柿」は甘味が強く、繊維や種子の少ない美しい形で、

極めて美しい赤橙色(丹色)が特徴の柿です。

 

その昔、南部の殿様が参勤交代から帰る途中、

会津から大切に人の手で運び持ち帰ったと言われる妙丹柿。

現在、南部地域に残る妙丹柿の樹齢は200年を超える老木も多く、

その当時の一枝が根付いたものとも言われています。

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

© 2019 LINK AND BRIDGE CO., LTD